新しいアレハンドロゴンサレスイニャリトゥの映画は現在メキシコで撮影されています:映画

からの翻訳 ソース

「 『アモーレス・ペロス』での壮大な映画デビューから21年後、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは57年前にメキシコシティに戻り、暫定的に 『リンボ』と題された巨大な作品を制作しました。

それは一種の寓話として、メキシコの政治的および社会的近代性に関する映画製作者およびプロデューサーのビジョンを明らかにするドラマです。 監督自身が執筆し、スペイン語で話されるこの映画は、ダニエル・ギメネス・カチョが率いるメキシコのキャスト、アカデミー賞を受賞したアートディレクターのエウヘニオ・カバレロ、オスカーにノミネートされた撮影監督のダリウス・コンジ(「エヴィータ」 Se7en、 ” Delicatessen、 ” The Ninth Gate ‘)。 “

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です